カテゴリ:岐阜・長野( 56 )
GWの花紀行 3 花桃の里
f0014971_18521061.jpg



f0014971_1944161.jpg



少し時期は逆戻りして
GWの写真です。

車で夜中に出発して、花桃の里に連れて行ってもらいました。
(*^_^*)

いいお天気で
7時過ぎから撮影したので、人も少なく、
ずっといきたいと思っていた花桃の里を、堪能してきました。

はなもも街道
 HPより
赤白ピンクの三色に咲き分ける花桃は、電力会社社長であった福沢桃介(福沢諭吉の娘婿)が、ドイツのミュンヘンで華麗に咲く三色の花桃を見かけ、その美しさに魅せられ3本の苗を購入し帰国、大正11年、木曽の発電所庭に植えたのが始まりと言われています。


f0014971_1903823.jpg





f0014971_1975248.jpg

この写真じゃないんだけど、
もっといっぱい竿が立って、こいのぼりが並んでいる写真を見ると、
オイルサーディンを思い出してしまう私・・・ (^_^;)




f0014971_19834.jpg




f0014971_19173691.jpg


私達より少し年上のご夫婦

いい雰囲気でした。




f0014971_1971081.jpg

しだれ桜や山桜もまだ残っていました。








この日撮った写真でBest 1 は、間違いなくこれ↓ ↓ ↓


f0014971_199012.jpg


はなももに見惚れる あずきちゃん

にしやんにおんぶしてもらって、お手々出して、かわいくって、
すれ違う観光客にもいっぱい写真を撮られていました(*^_^*)




 
[PR]
by kyoko1034 | 2014-05-28 22:46 | 岐阜・長野 | Comments(2)
特急車両で18切符
今回の旅行は、諏訪での花火がメイン。

同じ経路で帰阪してもいいのですが、18切符を使って、ぐるっと一周したくなり、


f0014971_18534042.jpg




直江津へ。

そう、日本海周りで帰ろうかと
(*^_^*)


てっきり、こんな車両で→
日本海側に抜けると思っていたんですよ。




f0014971_15134068.jpg
ところが、案内板に載っていたホームに行くと、特急?急行の車両・・・ 


ほんとにこれに乗っていいの?
何度も確かめ、
動き出してもまだ、ひらりんにそれとなくメールで確認。


会津のほうでも、こんないい車両に18切符に乗れるらしいです。
行ってみたい!
(*^_^*)





f0014971_23242052.jpg車窓から



この2日ほど前に、関西ではまだ天に向かっていた稲穂が
ここでは頭をたれ、黄色に色づいています。


10月5日(土)~20日(日)までの期間中、
7500円でJR全線+αが3日間連続で乗り放題になる、
「秋の乗り放題パス」が発売されています。

私は今年はこれを使ってお出掛けできないけど、いかがですか?
(*^o^*)

18切符との違いは、有効期限が3日連続なこと。
この点がちょっと使いづらいです。






f0014971_23295213.jpg

直江津で降り観光へ。
大河ドラマ「天地人」を見ていたので、春日山も興味があったのですが、
バスの便のちょうどいいのが無く、断念。
夕陽が撮れそうだったこともあり、五智国分寺、五智公園を散策したあと、海岸へ。



ここは比叡山で修行していた親鸞聖人が、京を追放され、北陸道を下って木浦から舟で国府に至り、この地に上陸したと伝えられているそうです。





f0014971_2336488.jpg





f0014971_23492168.jpg



f0014971_23511892.jpg


f0014971_23513389.jpg


f0014971_23513875.jpg



f0014971_2352247.jpg



f0014971_23522237.jpg



f0014971_23522726.jpg


遠くに漁船の光。
今はイカ釣りの時期ではないそうです。



もしかして、中国の漁船軍団の光????




 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-10-13 22:08 | 岐阜・長野 | Comments(4)
工事現場
f0014971_14491760.jpg



f0014971_14492821.jpg



   第38回長野市野外彫刻賞受賞作品
     『工事現場』

     2012年3月
     村中 保彦



f0014971_14493947.jpg





なんか、かわいい(*^_^*)




 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-10-12 22:45 | 岐阜・長野 | Comments(0)
まだ、18切符のたびの途中です
f0014971_1426918.jpg





f0014971_142938100.jpg

2日連続花火を堪能したあと、深夜に長野に移動。


早朝、早くおきて、善光寺に行ってきました。
以前、西国33ヶ所巡りをしていたので、ここに来たいと。



まだ観光客もほとんどいず、
のんびりと境内を回っていました。


f0014971_14361095.jpg


f0014971_14362362.jpg


しばらくすると、小学生の列が。
善光寺の境内が通学路になっているんですね。
(*^_^*)


f0014971_14394814.jpg



給食袋や体操の袋って、なんであんなに振り回したくなるんやろう???


[PR]
by kyoko1034 | 2013-10-11 22:30 | 岐阜・長野 | Comments(0)
諏訪湖にて
f0014971_0474314.jpg

諏訪湖での『全国新作花火競技大会』の次の日、
『諏訪湖まちじゅう芸術祭』のチケットを買って、
美術館を自転車で走り回る予定だったのですが、

雨・・・・

かなり、しっかりした、雨・・・・

ホテルを出る時は
土砂降りに近いような、雨に煙る諏訪の町・・・・・



ゆっくり、諏訪の町を楽しむことにしました。


f0014971_0572118.jpg






f0014971_1135999.jpg

下諏訪駅で降り、
秋生まれなので、諏訪大社下社の秋宮へ。
昨日、花火を見に来ていた観光客でしょうか?人が絶えず、
拝殿のほうは、人をいれずに撮ることが出来ませんでした。






りっぱな狛犬さん









f0014971_1124851.jpg





f0014971_1182660.jpg
上諏訪に移動し、一ヶ所選んだ美術館は、北澤美術館。
エミール・ガレ、ルネ・ラリックなどの、アールヌーボー時代のガラス工芸品を中心に集められている美術館、
長い長い間、行きたいと思っていた場所です。
10年以上前、心斎橋の大丸?で美術展が開催された時に頂いた入場割引券を
いつか行きたいと大事に保管していました。(^^;)

中は撮影できないのですが、2階の喫茶コーナーから。




木の向こうは諏訪湖があるはずなのですが・・・・・








f0014971_142171.jpg

美術館で3時間ゆっくりして出てくると、雨がやみ
目の前の諏訪湖はダイナミックな顔を見せてくれていました。





f0014971_1511084.jpg


f0014971_1512374.jpg
昨夜、ここから花火が打ち上げられていたようです。







気が付けば、シートや椅子を持って集まってきている人がチラホラ増えてきています。

「今日、なにかイベントがあるのですか?」と聞いてみたところ、
今日も花火があるとのこと!!!
サマーナイトファイヤーフェスティバルフィナーレ が開かれるそうです。
v(≧∇≦)v






f0014971_211569.jpg



f0014971_158796.jpg
三脚は駅のロッカーにある。取りに行かなくちゃ!

でも、目の前には夕陽が・・・・・









太陽が沈んでから急いで駅に戻ろう!
夕食を食べて長野に移動する予定だったけど時間がない。
預けてあるカバンには非常食のリッツ、チョコもあるからそれで夕食にしちゃえ!

今日泊まるホテルには、遅くなることを電話しなきゃ!




f0014971_2195897.jpg

1日目の分の花火ももうupしているのに、少ない目にしよう!
と思っていたのに、結構な枚数あります(^^;)






f0014971_220824.jpg


f0014971_2201696.jpg



f0014971_2204099.jpg

昨日よりずっと近いですから、
花火の振動で、服がビリビリ震えます!
ぐっと顔を上に上げて、花火を見上げて、口あんぐり状態(^^;)


すごい迫力でした!!!





f0014971_2281225.jpg




2日間、花火を堪能しました。写真に撮る事よりも、
花火に包まれているのを感じていました(*^_^*)
ホント、楽しかった~~~~


最後の水上スターマインは、近すぎて、大きすぎて
撮影に失敗しました!

ふっふっふ・・・
またここに来る口実が出来たぞ(*^o^*)





f0014971_2374741.jpg


この日、

上諏訪駅21:37発の臨時列車に乗り
長野駅23:56着
ホテルに着いたのは0時を回り、ヨレヨレ。
フロントが二階で、階段を上がる必要があったのですが、
荷物を一度に運び上げることが出来ず、
キャリーバッグはフロントの方が運んでくださいました(^^;)








 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-10-06 01:41 | 岐阜・長野 | Comments(4)
雨の日のお出掛け
f0014971_10393017.jpg

雨の日、街路樹の根元に小さなコロンとしたもの。
見上げると、オレンジ色の木の実が微笑んでくれました。

あなたはだあれ? お名前は?




f0014971_10392622.jpg



f0014971_10392271.jpg


名もない草には、水玉のこびとがいっぱい
(*^_^*)




 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-10-04 22:38 | 岐阜・長野 | Comments(6)
全国新作花火競技大会
f0014971_17122931.jpg

花火が始まりました!
慌ててレンズをそっちに向けてパチリ
まだピントが甘い(^^;)

どこから打ち上げられるのかわからずに場所取りしたのですが、
思っていたところから少し左よりだったけど、いい感じかしら?


f0014971_17142510.jpg


f0014971_17145757.jpg

新作花火大会ですので、いろんなパターンの花火が打ち上げられます。

それを写真に撮るのって楽しいけど難しい!

とってもきれいなのに、短時間で散ってしまうような花火はうまく撮れないし、
長時間露光で火花が流れていくと、一瞬の綺麗さが撮れません。

いろんな仕掛け花火もあって楽しみましたが、
見て美しい花火と、長時間露光で撮って美しい花火って違うのですよね~~~

ウネウネと動きながら落ちていく花火がとっても綺麗で歓声も上がっていたのですが、
写真で撮るとイマイチなのです。




ファインダーから覗いているなんてもったいなくて、
カメラをそっちに向けて、レリーズでパシャ。
私は自分の目でしっかり見て、楽しんできました!

花火を見るの、大好きです!!!
(*^_^*)




f0014971_1721745.jpg

線香花火みたいなのや



f0014971_17212323.jpg


f0014971_17214195.jpg

この花火は、時計の秒針みたいに、時間差で花火が輝きます。
何枚か撮りましたが、むずかしい! (>_<)

でも、面白かった~~~




f0014971_17255579.jpg


一人ずつ、
新作を披露し、最後に大きな花火をあげて
次の人に交代。

そんな感じです。



f0014971_17282927.jpg


f0014971_1728781.jpg

タイミングがわからず、突然大きな花火が打ち上げられ、
逃してしまうことも、多々(^^;)

ラジオで解説もしているそうなので、次回行く時はラジオも持っていこっと。




f0014971_17314355.jpg

途中からは、大きめに画核を取り、
トリミングしています。



しかし、でっかい花火でした!
遠く離れているのに、音がズシンズシン響いていました。



f0014971_17332177.jpg


f0014971_17333113.jpg

風が無くて、煙が散らないのが残念です。
なんせ、花火が大きいから、煙もボリュームがあります。



f0014971_17344156.jpg

こんなオバケチックな写真も撮れました。
花火師の方、ごめんなさい、
きっと、こんなに撮れる意図で作られたのではないでしょうが、
なんだか葉緑素を持った海草のオバケか、
キョンシーか何かみたいで可愛くて(*^_^*)





f0014971_17365444.jpg

ピントグリグリ、ズームグリグリもしたのですが、
この花火大会のために作られた新作を、違う形にしてしまうのは
もったいないような、悪いような気がして、数枚でやめました。

右の写真は鳳凰が飛んでいるようで、ちょっとお気に入り。




f0014971_8434847.jpg



最後は水上大スターマインKiss of Fire

残念ながら、最後の3分ほど雨に降られ、
カメラを守ることに気を使いながら、
余韻を楽しむ暇も無く終わってしまったのが残念。

もう一度、行きたい花火大会でした(*^_^*)



 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-10-03 02:11 | 岐阜・長野 | Comments(4)
18切符でおでかけ
f0014971_12493162.jpg

あっという間に10月に入ってしまいましたが、
この写真は9月始め(^^;)
18切符に乗ってお出掛けしてきました。





今まで何度か、木曽福島まで日帰りして撮影に行ったことがあって、(青空フリーパスで、帰りは特急使用)
電車のドア近くに貼られているこの路線図を見て、
「諏訪湖まではあと少しやな~
いつか行ってみたいな~」と思っていました。


f0014971_12503654.jpg





f0014971_13154184.jpg
行きたいと思いながら、今年は予定が全く立てられず、
宿泊を探し出した時には、もう満室。
少し離れた場所のホテルも喫煙室だったり、すごく高かったり、車でしかいけなかったり・・・・

様子を見ていたところ、前日に、少し離れた辰野にキャンセル空室を見つけ、急いで予約、荷造りをして、
次の日、早朝の電車で出発!(*^_^*)

名古屋で、2回目の朝食を食べようと駅弁を買ったのに、ロングシートの通勤車両で食べれなかったり、
途中の乗換では席取合戦に負けて、しばらく立って電車に揺られていたり、
18切符特有の思い出をいっぱい作りながら、ホテルに到着。

ホテルのすぐ近くにはコニカミノルタの工場、他にも小さなレンズ工場がありました。
水がきれいなこの辺りに固まっているんでしょうね。 (^_-)-☆





f0014971_13485436.jpg
荷物を置いて向かった先は、下諏訪
全国新作花火競技大会 を見に来ました。
諏訪湖の花火は、8月に行なわれる諏訪湖祭湖上花火大会と、
9月上旬に行なわれる全国新作花火競技大会が有名です。

今回、諏訪湖まちじゅう芸術祭にも行きたかったため、期間中に行なわれる全国新作花火競技大会を選びました。

今年は、8月の花火は、突然の豪雨のため、30分で中止となってしまったそうです。

下の下のボケボケの写真は、撮影場所を記録するために撮ったこれの、失敗写真です(^^;)
もったいぶるような写真でもないのに、種明かしが遅くなってしまって申し訳ないですm(_ _)m
  





f0014971_1484857.jpg打ち上げ会場は上諏訪駅付近なのですが、
湖面に映る花火の写真を見たことがあって、下諏訪を選びました。

対岸から、どの辺りから打ち上げられるのかしら?と望遠で見ているとお城がみえ、その下には・・・・
まだ17時過ぎなので人は少ないですが、青いシートがビッシリ。

下諏訪はまだまだ余裕で、撮影場所も撮り放題。
すぐ近くにAEONもあり、待ち時間の間に必要な物の買い足しも。
お勧めかも(*^_^*)




f0014971_14115679.jpg




すみません、
花火の写真、相変わらず『選べない病』を発症したため
別記事にします。 m(_ _)m

  
[PR]
by kyoko1034 | 2013-10-02 21:50 | 岐阜・長野 | Comments(4)
水彩画のような  水色の世界
f0014971_22242328.jpg



バルブ設定で撮ってしまった、失敗写真ですが、
なんだかちょっとお気に入り。


明日、ちゃんとした写真を。



ガ~~~~ン!

レタッチした一日分の画像を消してしまいました・・・・・
ちょっとお待ちください m(_ _)m



 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-09-23 00:00 | 岐阜・長野 | Comments(2)
下栗の里(日本のチロルと呼ばれる秘境の紅葉)
三日月の頃に参加したバスツアーの続きです。

このツアーは、
 天空の里やアルプスの紅葉の地へ
  遠山郷「下栗の里」 南信州秘境紅葉めぐり
副題で、タイトルに使った文句が書かれていました。



今年最初の紅葉を見に、参加しました。


f0014971_23512636.jpg


朝、集合前に、ホテル付近をウロウロ。
この辺りは中馬街道と言われているようです。

この後、靴を泥だらけにしながら下のマクロ写真を撮り、
集合時間になったので出発!






途中でマイクロバス2台に分乗し、
遠山郷・しらそび高原へ。




山には詳しくないのですが、このときに貰ったパンフによると
  小赤石岳3018  大沢岳2819 中盛丸山2807     聖岳3013などのようです。 肝心の山頂は雲の中ですが(^^;)
f0014971_2353456.jpg




こっちは荒川前岳3068

TVで、サマーレスキューを見ていたので、
こんな山々を登る人が居るんだろうな~~~   と、なんだか気になります。
f0014971_23595186.jpg


反対側
f0014971_024922.jpg









さてここから、さらにマイクロバスで30分はしり、下栗の里へ。

f0014971_0201085.jpg


ここから、人がすれ違うのがやっとの細い道を20分ほど歩くと、
 (村民の方々で、平成21年10月に整備された道だそうです。)




天空の里 を見ることが出来ます。
f0014971_0205053.jpg


f0014971_724508.jpg

下栗の里のHPによると、

下栗の里は、南アルプスを望む飯田市上村の東面傾斜面にある標高800m〜1,000mの地区です。最大傾斜38度の傾斜面に点在する耕地や家屋は、遠山郷を代表する景観を作りあげています。平成21年には「にほんの里100選」にも選ばれました。

 景観の美しさ、自然と暮らしの調和、こうした姿がオーストリア・チロル地方に似ていることから、東京学芸大学名誉教授で地理学者の市川健夫氏は下栗を「日本のチロル」と命名しました。





チロルはちょっと苦しいかな~~~~(^^;)
マチュピチュのほうが似てる?
う~ん、これもちょっと違う・・・


駐車場の案内なども村民の方々の力で行なわれていました。
頑張ってはるな~~~


この後、村内を歩いて駐車場へ。(これはなんだか覗き見しているみたいで、ちょっと気がひけました)

f0014971_0315972.jpg


f0014971_032111.jpg


f0014971_032349.jpg



f0014971_0345323.jpg


f0014971_0352135.jpg


f0014971_0353523.jpg
  マイクロバスの中から





f0014971_0364811.jpg
飯田市内へ。
この辺りは干し柿で有名なところとか。
 今、名前を忘れてしまったのですが、ぽってりとした、大きな、高価な干し柿です。

f0014971_037578.jpg









f0014971_041153.jpg
この後、バスを乗り換えて大阪へ。

小牧城のところで、うまく夕陽でしたが、
マンションがあったり、「何を撮ってるの?」と話しかけられたり・・・
もう少し、お城と夕陽がひっついてほしかったな~~~







以上、で、この旅の写真は終わりです。
見ていただいて、ありがとうございました。




 
[PR]
by kyoko1034 | 2012-11-05 00:03 | 岐阜・長野 | Comments(8)