<   2013年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧
うみてらす と コンビナート夜景
f0014971_10582670.jpg

三岐鉄道を撮影した後、四日市に戻り、うみてらすへ。

この白い山、何だと思います?
さっき、掘り出した山を見たセメントの材料?


いえいえ、
塩の山なんです。

雨が降ったら、溶けないんだろうか心配!
たぶん、溶けて流れ出さない限り、
水分はまた蒸発して塩に戻るので、心配ないんでしょうね。

わかっているけどやっぱり心配です(^^;)




f0014971_1132751.jpg

この反対側に、
私の好きな、電車が走っているのが見える風景があるのですが、
この日は太陽真正面で、残念ながら撮れず!

またいつか(*^_^*)













f0014971_119575.jpg

お仕事が終わったpapa3さんのお家に寄って、papa3さんの車で
四日市のものを食べたい! と、
トンテキを食べに連れて行ってもらいました(*^_^*)

めっちゃボリューム!
しっかり完食!!! (*^o^*)




f0014971_11171551.jpg

四日市のコンビナートへ

お二人のお気に入りの場所を案内してもらいました。
最後の場所が一番好き!




f0014971_11182412.jpg


f0014971_11184168.jpg


soybeanさん、papa3さん、
そして、ずっと運転をしてくれていた にしやん、
ありがとう(*^_^*)




 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-03-31 10:30 | 三重
三岐鉄道
三岐鉄道鉄道は、三岐線と北勢線の2路線走っています。

f0014971_22453457.jpg

こちらは北勢線。
ナロ-ゲージ。
8月に写真を撮りに行った
近鉄内部線と同じ線路巾の電車。








soybeanさんと待ち合わせした
阿下喜駅で撮りました。

ちょっと、かっこいい駅(*^_^*)
f0014971_2241930.jpg





f0014971_22482831.jpg

こちらは三岐線
普通の線路巾の電車です。



f0014971_22505737.jpg

前から来る電車を待っていたら、後ろからモーターの音がゴロンゴロン・・・して

この貨物が遅れていたみたいです。



f0014971_22534350.jpg


この山のふもとに太平洋セメントの工場があり、正面の山は石灰岩の採掘場所。

晴れていたら、もっと山がはっきり写って面白かったのにね。



f0014971_22591791.jpg

こっちの線も黄色い電車です。




f0014971_22593975.jpg




 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-03-29 23:03 | 三重
いなべ梅林
にしやんの車で、いなべへGO!

f0014971_21572219.jpg



f0014971_21575978.jpg


阿下喜駅でsoybeanさんと待ち合わせして梅林へ。
入り口近くは、いろんな種類の梅が、
奥は、梅の実を採るための梅林。

ずっとずっと奥まで続いていて、
のんびりと写真を撮ってきました。
(*^_^*)




f0014971_2203043.jpg




f0014971_2205240.jpg



f0014971_2210119.jpg



少し前まで、後ろの山に、
雪が残っていたんだって。

きれいだっただろうね~~~






f0014971_2223490.jpg

←お気に入りの石を拾って。


  帽子がね、梅の蕾がいっぱい付いているみたいにモコモコしていて、
    かわいかった~~~~   ↓

f0014971_2234763.jpg






f0014971_2245847.jpg





 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-03-27 22:06 | 三重
ならまち
f0014971_0255834.jpg



ここは、奈良町で一番お気に入りの場所。
むかし、元興寺の塔が建っていたところ。
この日は梅。

今頃は桜が咲きだしているかしら。
今年は是非、桜の満開の頃に行ってみたいです。

(*^_^*)




 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-03-25 23:23 | 奈良
春日祭
f0014971_19363365.jpg
春日祭へ。



春日大社HPより
宮中より天皇陛下のご名代である勅使の参向を仰ぎ、国家の安泰と国民の繁栄を祈ります。




f0014971_19311962.jpg
10時~12時
勅使以下斎館を出て、祓戸の儀、著到の儀を経て幣殿・直会殿の作合の座につき、御棚奉奠(みたなほうてん)、御幣物奉納(ごへいもつほうのう)、御祭文奏上(ごさいもんそうじょう)、神馬牽廻(みうまのけんかい)、和舞奉奏(やまとまいほうそう)、饗饌(きょうせん)、見参(げざん)、賜禄(しろく)をもって正午過ぎ祭儀が終了します。

嘉祥2年(849年)に始まったと伝えられ、明治19年の旧儀再興で例祭日が3月13日に定められた当社の例大祭。維新以前は年2回、2月と11月の上の申の日が式日であったことから申祭とも呼ばれました。三大勅祭(葵祭、石清水祭、春日祭)の一つで氏神祭の典型。他の勅祭と異なる形態をとっています。




f0014971_19434121.jpg


奥の建物は、昔、御輿で来られた天皇の方が、ここで輿を降りられ身支度を整えた場所だとか。


f0014971_2012160.jpg



f0014971_20123131.jpg

勅使の方のようです。

f0014971_20124750.jpg




f0014971_201393.jpg

午前中通ったときに、祓戸神社の前に、右側の幕を張られていました。
入るときにはここで身の穢れをはらう場所なので、帰りは必要ない?
社にお尻を向けて並ぶのも変ですし。










<おまけ>
師匠を見つめるシカたち
f0014971_21272418.jpg



師匠があげているのは、ブロッコリーとキャベツの芯の角切り。
早朝すぎて鹿せんべいを売ってない頃に奈良に行く時は
昔は食パンの耳とかを持って行ってたんだけど、
自然のほうがいいかな?と思って、最近はこれに。

一度オレンジの皮を持っていったことがあったけど、人気なかった(^^;)

今年の秋にはドングリを集めておこっと。




  
[PR]
by kyoko1034 | 2013-03-24 21:03 | 奈良
シカ!
f0014971_18452381.jpg

春日大社に行く途中、
ちょっと休憩にベンチに座っていると、鹿さんがエサが欲しいと寄って来ました。
ナイナイと手を振っても、カバンやポケットをクンクン
 実はキャベツとブロッコリーの芯を切ったのを持っているのです。
 においがするみたいですね。

カメラを向けると嫌がるシカが多いのですが、よっぽど食いしん坊さんだったのでしょうか、
アップで映ってくれました。



シカに、あごひげがあるんだ!



f0014971_18453778.jpg


f0014971_1846228.jpg


見て、
 嗅いで・・・


この後、モデル料をちゃんと払いました。
(*^_^*)





 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-03-23 21:44 | 奈良
飛火野
f0014971_1744386.jpg

籠松明の次の日、
師匠と待ち合わせの前に、早朝の奈良公園をウロウロ。


片岡梅林は、梅がちょうど咲ごろ。
(*^_^*)

シカさんに角が生えちゃいました。





f0014971_1771163.jpg





f0014971_1721677.jpg


浮見堂で師匠と待ち合わせ。


上のほうに片岡の梅林が見えます。
その下には桜の木。
そろそろ咲き出しているのかしら(*^_^*)


桜が咲く前に、左手の大きな木蓮の木が、花いっぱいになります。





f0014971_1713228.jpg









f0014971_1729037.jpg

「ねえまだ始まらないの?」



まだ、エサが少ないこの時期、
飛火野では
奈良の鹿愛護会の方々によって、鹿寄せが行なわれています。

スタッフブログを見ていると、
住吉大社(大阪の?)清掃活動をしている方々から86kgも寄付があったという
ドングリを撒いているようです。




f0014971_17443233.jpg


ホルンを吹いている人の周りに集まっているシカは、
演奏(?)が始まる前から集まっているシカ達。



しばらく動きが無かったので心配していたら、
来ました!来ました!!!



f0014971_1756119.jpg


1頭目、ガン走りしています!
(そんな言葉あるかどうか判りませんが、まさしくその状態!
 どれだけ食いしん坊やねん!)




f0014971_17573471.jpg



f0014971_1805067.jpg



f0014971_1882659.jpg


f0014971_181927.jpg




最後に、鹿愛護会の方が、記念写真を撮ってくださいました。


 
 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-03-22 21:55 | 奈良
2013.03.12 修二会前
修二会の前の写真です。 (自分への覚書memoも含みます)

お昼過ぎに、埼玉からお越しのKit師匠と待ち合わせ。

奈良、きたまち(奈良女子大近辺)で、ひな飾りをしているというので見に行ったのですが、
メイン会場の奈良女子大は、まだ入学試験期間とのこと。
試験が終われば、古い建物も公開しているとの事なので、
桜の写真を撮りに来た時にまた来る予定。(旧暦で催しは行われています)





f0014971_22335283.jpg
師匠の泊まったのは、バックパッカーズ
看板は、前に立っているこれだけなので、見落としそうです。

なんと、一泊2400円!
名前のとおり、バックパッカーズのための格安で泊まれる旅館。
日本でより、海外でのほうが有名で、普段は外国の方がほとんどだそうです。


受付をされているときに後ろからのぞかせてもらっていたのですが、
古い建物をよく手入れされていて、縁側の大きなガラスは、昔の波打っているガラス。
とっても雰囲気のあるところです。



奈良って、電車で往復しても1000円で足りるから、なかなか泊まる気にならないんだけど、
ここなら泊まってみたい!

修二会、3/12籠松明の日は、夜中1時に『お水取り』の行事が行なわれるので
一度、見てみたいと思っているので、いつか!




f0014971_22374825.jpg

お気に入りの大仏池などを案内し、
 桜・紅葉の時はとってもきれいな場所です。



大仏殿へ
f0014971_22384763.jpg



f0014971_22393093.jpg

ここが、夜中にお水取りが行なわれる 
閼伽井屋

3/2に若狭から送られた水が、ここに届きます。



f0014971_22412068.jpg

写真を撮っていると、参籠所(真ん中に登廊のある建物)の戸が開き、
紙衣(かみこ)を着た錬行衆たちが出てきました。



f0014971_22472628.jpg


この菊のようなものは、内陣で使われる松明のはず



f0014971_224918.jpg

その後を、竹のようなものを持った人たちが続きます。
拡大してみましたが、節が無いので竹ではないようです。
何に使うのかしら?



毎年、何か新しい発見があります。




f0014971_22501447.jpg


東大寺の鴟尾(しび)の上に、夕陽がストンと落ちそうです。



f0014971_2253576.jpg



6時半、やっと日が沈み、
お松明まで、あと1時間・・・・・
(^^;)




で、 の写真になります。



 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-03-18 22:46 | 奈良
2013.03.12 籠松明
今年も、3/12 籠松明の日に修二会に行くことが出来ました。

f0014971_029299.jpg
今年は東京からキット師匠にも来ていただき、
一緒に撮ることができました。

3時に講の方とお会いして、4時に二月堂に行った時にちょうど入場が始まり、
教えてもらっていた一番良い場所じゃなかったけど、
なんとか最前列の場所をキープ!


手前に立てかけてあるのが、今日使われる籠松明です。




今年も、い~~~っぱいの枚数です(^^;)



今日の修二会は7時半から。

f0014971_1315366.jpg

三度の案内
 ちょろ松明を掲げ、参篭宿所と二月堂の階段を三度駆け上がり、駆け降りる。

 一度目、時刻を聞きに上がる。
 二度目、練行衆が上がっていくことを予告をする。
 三度目、練行衆が上がっていくことを知らせる。




f0014971_133073.jpg


ついつい、流し撮りしたので、チョロ松明を持ってはる方の姿を捉えることが出来ました。




籠松明が上がってきました。 3/12は、他の日より1本多い11本の松明が掲げられます。
f0014971_1361019.jpg



f0014971_1364176.jpg


f0014971_1365658.jpg
f0014971_1371028.jpg



f0014971_1383835.jpg
松明を押し上げたり、


引き戻したり、
f0014971_139289.jpg




回したり、



f0014971_14038100.jpg

火の粉を降り注いでくれて
 (火の粉を被るとご利益があるといわれています)

















前日、雨の中でカメラを使ってきちんとレンズを拭いていなかったから、変なゴーストが出ています
(>_<)



f0014971_1414569.jpg


f0014971_1585058.jpg



f0014971_159711.jpg



f0014971_1593321.jpg


f0014971_1594933.jpg



f0014971_202012.jpg



f0014971_22259.jpg


f0014971_222388.jpg

次の御松明が上がって来ました



f0014971_225432.jpg


f0014971_231930.jpg


f0014971_234229.jpg







この場所は三脚・一脚は使えません。
手持ちで長時間露光をがんばってみました。(1/3~1/5s)
f0014971_255356.jpg


f0014971_261120.jpg


f0014971_264422.jpg


f0014971_212473.jpg


f0014971_213571.jpg


f0014971_2132247.jpg

もっと長い時間も撮りましたが、ブレブレで
撃沈しました(>_<)






f0014971_215312.jpg



f0014971_2154539.jpg


f0014971_2162517.jpg





f0014971_2164314.jpg








f0014971_2182757.jpg

最後の11本目の御松明が上がって来ました。



f0014971_219321.jpg


f0014971_2192039.jpg


11本目の御松明の後を、
チョロ松明が付いているのもわかりました。




これで、今年の修二会の写真は終わりです。
いっぱい見ていただいてありがとうございました。






関西では、修二会が終わると暖かくなると言われています。

私の中での大きな行事が終わって、なんだかボーっとしている状態ですけど、
桜が咲くまでに、師匠と一緒に歩き回った写真や、
途中になっている旅行の写真も整理しなきゃ!


kyoko (*^_^*)





 
[PR]
by kyoko1034 | 2013-03-17 02:31 | 奈良
2013.03.06 修二会
f0014971_338624.jpg


この写真には3本のお松明が写っています。
北側角のお松明は良弁杉に隠れてしまいますが、
今日は中ほどを走られている写真と、南側角のお松明を撮りましょう(*^_^*)



f0014971_3411343.jpg

お松明が上がってくるのも良く見えます。



よく燃えていて、天井大丈夫かしら・・・と思ったお松明もありました。




f0014971_3423139.jpg



f0014971_3424770.jpg


f0014971_343359.jpg



f0014971_3434527.jpg



f0014971_344245.jpg


f0014971_3441984.jpg



f0014971_3444143.jpg



f0014971_3445680.jpg


f0014971_3451131.jpg



f0014971_3452789.jpg






f0014971_3461457.jpg


お松明が終わったあと、しばらく、局口から中に入りしばらく『音』に包まれたあと、
この日は、次の日仕事だったので、早い目に帰りました。







f0014971_3475273.jpg



修二会youtube
http://www.youtube.com/watch?v=s1oe9dLha0w




  
[PR]
by kyoko1034 | 2013-03-12 03:52 | 奈良