<   2015年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
4月の六甲高山植物園
f0014971_21181717.jpg



冬の間、眠っていた六甲高山植物園が再開されました。

薬用植物のレクチャーを見つけて、今年はこれにできるだけ参加したいと思っています。

家からちょっと遠いで大変ですが、11月まで頑張ってみる予定です。





写真は朝露で着飾った エンゴサク

kyoko(*^_^*)




**********



f0014971_21171038.jpg

イワウチワ



d0029353_73546.jpg

エンゴサク


Corydalis yanhusuo Y.H.Chou et C.C.Hsu ケマンソウ科(Fumariaceae)
(局方)C. turtschaninovii Besser forma yanhusuo Y.H.Chou et C.C.Hsu ケシ科(Papaveraceae)
生薬名:エンゴサク(延胡索) 薬用部位:塊茎
中国東部に分布する多年草です。草丈10~20cmになり、3~4月に花を咲かせます。初夏には休眠に入り茎葉が枯れ、土中に球根状の塊茎を形成します。生薬「延胡索」は本種の塊茎を湯通ししてから乾燥させたもので、プロトピン(アルカロイド)などの成分を含み、鎮痙、鎮痛作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、安中散(あんちゅうさん)、牛膝散( ごしつさん )など8処方に配合されています。


タケダ 健康サイト http://www.takeda.co.jp/kyoto/area/plantno192.html


d0029353_7351278.jpg






 
f0014971_21191582.jpg

カタクリ

この日は雨が時々ぱらつくようなお天気だったので、カタクリの花は閉じたままでした。


f0014971_21223785.jpg

ケスハマソウ



f0014971_2123330.jpg

ショウジョウバカマ



f0014971_21231956.jpg

ツバメオモト



f0014971_21233981.jpg

ニリンソウ

f0014971_21234451.jpg




f0014971_2124869.jpg

ハシリドコロ

生薬名:ロートコン  薬用部位:根茎および根
日本の本州、四国、九州に分布する多年草で、山地の湿り気のある林中に見られます。草丈は30~60cmで、早春に芽生え、4~5月に釣鐘状の花を咲かせ、7月頃には地上部が休眠します。生薬「ロートコン」は、本種やその他同属植物の根茎および根を乾燥させたもので、消化液の分泌抑制、鎮痛、鎮痙などの作用があります。一般用漢方製剤には利用されませんが、これらを原料とするロートエキスは、胃酸過多、胃痛、胃痙攣などに利用されています。全草にアトロピンなどを含み、大脳皮質の中枢を興奮させ、めまいや幻覚を引き起こします。これら症状により苦しんで走り回ることから、本種の和名が付いたといわれています。ヨーロッパ東部に分布するセイヨウハシリドコロ(%%S%%. %%carniolica%% Jacq.)も生薬「ロートコン」の基原植物です。新芽がフキノトウに似るため、誤食されて中毒を起こす事故が報告されています。薬用部位の根茎および根は、地上部が休眠する前の5~6月に掘り上げます。

タケダ 健康サイト http://www.takeda.co.jp/kyoto/area/plantno217.html



ロート製薬の名前の由来は、この植物です。



f0014971_21281132.jpg

ハルトラノオ



f0014971_2128508.jpg

ミズバショウ



f0014971_2129412.jpg

リュウキンカ




 
[PR]
by kyoko1034 | 2015-04-11 21:15 | 六甲